|緊急連絡板|

つばきの窓 Login

HOME

教育・保育理念

教育・保育理念

わたしがいる、 ともだちがいる、 そして みんながいる・・・

教育・保育目標
あかるくたくましいこども 1.健康安全で幸福な生活のため必要な日常習慣を養い、身体の調和発達をはかる。 2.集団生活の経験により、自主的・自律の精神を養う。 3.素直で礼儀正しい社会性のある子に育てる。
こんな つばきっこ げんきにあそべる つばきっこ じぶんのことは じぶんでできる つばきっこ ともだちをおもいやる つばきっこ ありがとう ごめんなさいがいえる つばきっこ かんどうできる つばきっこ
< 園長からのメッセージ > 5つのこんなつばきっこを目標に、今年で創立44年目をむかえます。 創立当初、まわりには何もなく田園の中にポツンとたっていた園も、今は住宅、市立図書館、病院、学校と身近に公共施設が立ち並び、生活するにはとても便利な環境となりました。 毎年、卒園児が次々と保護者になり、子どもと通園される姿にほほえみ、むかえ入れる馴染みの職員との長い年月のつながりが感じられます。 いつも家庭的であたたかい保育園でありたいと思っています。
教育・保育方針
明るい未来を信じ、みんながしあわせに生きるために、心地よい環境の中で、ひとりひとりの心を見つめて、共に育ちあっていきます。 [園 児]自分でのびる力を大切に、大きく豊かなこころの根を培います。 [地 域]日々の温かい見守りとまなざしに感謝しています。信頼を深め、あたたかい関係づくりを大切にしています。 [保護者]安心とやすらぎの場であることを願っています。 [職 員]自己の資質向上に努力を惜しまず、真摯に日々の保育にとりくみます。みんなが豊かな時間を過ごせるように、お互いに協力をしあいます。 ●働く父母が安心してあずけられる場として、家庭に代わり、子どもが安全で楽しく生活ができるよう努める。 ●運動することの喜び、表現することの喜び、創造することの喜びを体験することで豊かな感性を養う。 ●集団の中で子どもが主体的に遊べるように援助し、協調性や社会性を培う。